U-NEXT

 

2014年11月19日

GDP

GDPの数値を消費税先送りの根拠に、
安部首相はしたようです。

そして、衆院解散総選挙という結果になった。

しかし、私はむしろ、
小渕さんはじめ、閣僚辞任というのがきっかけのでは、
と思ってます。

改造内閣で、内閣の閣僚を変えたものの、
上手く行かなかった。

そして、閣僚候補の人員が自民党にはまだ、いる。

その人達を合理的に閣僚にするために、
そして、新たに閣僚人事を合理的に行うためには、
解散総選挙しかない。

そして、選挙を行うなら、
消費税増税の選択が迫っている今しかない。

そう考えたのではないでしょうか?

先のアメリカでのオバマ政権でも、
数字の上では景気は良くなっている。

しかし、国民の実感がない。

なんとなく、今の日本の状況と似てませんか?

安部首相は、勝てると見て、選挙することにしたようですが、
果たしてどんな結果になることやら。

決めるのは、国民の一人である、私たちです。

ラベル:消費税 選挙 結果
posted by アシスト at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック